少々長いが起業して会社設立する前に把握しておくべき会社設立の流れ

独立起業する、会社を作ると一言で言ってもやることは様々です。はっきりいうと会社を作るなら専門家に任せた方がよいのですが、専門家に任せたからといって手順を把握していないのはさすがにどうかと思います。

だいたいは税理士とか司法書士とかに相談すると全部教えてくれるのですが、予備知識なしに話を聞くと頭に入ってきません。

正直、会社を作るだけならやることは2つだけです。

  • 定款の認証(公証役場)
  • 会社の登記(法務局)

ですが、実際にはこれだけでは会社は作れません。というよりも作るだけならこれだけですが、運営できません。このあたりは意外に面倒です。

まず、定款という非常に面倒な書類を作るのですが、面倒すぎるのでプロと相談すればよいです。そして、その書類を公証役場に持っていくのですが、これもプロに依頼すればよいです。

法務局に行って会社を登記しないといけないですが、やはりプロに任せればよいです。

書類を作るところでは自分は大きく関わりますが、具体的な手続きは全部プロに振った方が何かと話が早いです。時間がもったいないので全部振ります。

最近ではfreeeとかのサービスがあって、便利といえば便利なのですが、最終的なところで全部自分が動かないといけないので、「会社を作る」ことが目的であればfreeeでもよいですが、会社を経営するとなると税理士の介入は必須といえます。

何が必須かって、資金調達です。

会社を登記するだけなら司法書士に全部任せればよいです。ですが、事業計画書を作って、話の通りやすい金融機関を紹介してもらって具体的に融資を受けるには税理士でないとできないと思います。

税理士を使って政策金融公庫から1,000万円資金調達する方法という記事がありますが、これは非常にお勧めの記事なので一度、どころか2度でも3度でも目を通すことをお勧めします。

税理士に依頼することで最初から無担保、連帯保証人なしでお金が借りられます。最悪、事業がダメになっても政策金融公庫の借金は会社の借金であって、社長の借金じゃないので撤退が非常に楽です。

会社を作る流れについて特に詳しい記事は下記の2つ。税理士ドットコムが作った記事と税理士が作った記事です。

お時間のある際にどうぞ。

会社設立の全手順と流れ!設立前後にするべき17の手順

会社設立手続きの全手順と流れ、会社設立の前後にやるべきこと一覧