会社設立する際に参考になるサイト

会社設立を検討する際に役立ったサイト、情報収集に使ったサイトを列挙します。他にもたくさんのサイトを参考にしましたが、「会社設立」に関する「情報収集」という意味ではここだけ見ればおおよそ大丈夫です。

また、各サイトの読んでおくべき記事もご紹介いたします。このお勧め記事だけ読んでおけば会社設立はほとんどわかります。

会社設立マニュアル(運営:きわみ事務所)

2018年12月に税理士がまとめたマニュアル。会社設立~会社設立後の経営のことまでを網羅している。法人化する人もそうですが、個人事業主のまま事業をする方にも読む価値はあります。オススメ。

必要な情報はほとんど書いてありますし、会社設立後にも触れているので決算や節税にも対応可能。

そもそもが民間企業ではなく税理士のサイトで公開しているので安心度合いが違う。

会社設立マニュアル(運営:税理士法人きわみ事務所)

100年つづく偉大な企業のためのビジョンの作り方と会社設立の方法

会社にはビジョン、ミッション、価値基準、行動指針の4つの要素が必要とあったり、下記のようにベンチャーは3年目が危ない、軌道に乗ってから法人化すべきなどのように企業化マインドやジンクス、セオリーなどにも触れているので読み応えがあります。

ただ会社を作るのではなく、100年続く偉大な会社を作るために必要なことを書いている。実際に会社を立ち上げて100年続くかはわかりませんが、夢や野望を抱いている人はぜひ読むべき。

ただし、長いです。

「ベンチャーは創業3年目でつぶれてしまう」ジンクス、聞いたことありませんか? せっかく会社員を辞めて独立しても、消費税が発生する3期目(会社設立から丸2年)のタイミングで納税ができず、会社を畳んでしまう例も後を絶ちません。

売上げが上がるまでは会社設立を我慢して、軌道に乗ったときに満を持して法人成りすることが、事業を長く続けていく上でのポイントとなります。

100年つづく偉大な企業のためのビジョンの作り方と会社設立の方法

政策金融公庫から1,000万円獲得するための方法

税理士監修でとある企業が政策金融公庫から1,000万円獲得した話が具体的にあり、自分が獲得するためにはどうするべきかまでを網羅しています。

起業するととにかくお金のことばかり考えるようになります。それだけ資金は重要です。増えた減ったはもちろんのこと、支払いを今月にするか、来月に延ばしてもらうか、優先的にどこから支払うか、従業員の給料はどうするかとか、考えることが多すぎて嫌になってきます。あまりお金のことばかり言いたくないですが、それでも世の中の経営者の方はお金のことを意識しないと経営できないわけです。

だから資金不足に陥る前に借りられるところから借りられるだけ借りるのはぜんぜんありだと思います。しかし、利息の高いところから借りると後で泣きを見るのは自分です。そこで利用するのは政策金融公庫(無担保、無保証、低金利)ですが、税理士がここまで素直に公開しているのは珍しい。税理士でも民間企業でも見たことがない。

経営者には必須な知識ですので起業する場合はもちろん、今後資金が必要になる方も必読。

政策金融公庫から1,000万円資金調達する方法

会社設立freee

以前、会社設立は自分でやらずに専門家に任せた方がよいと書きましたが、会社設立の際に必要な知識を得たい人、どうしても自分で会社を作りたい人は超オススメ。

ご存知、みんな大好きな会計ソフトfreeeのまとめサイトです。ここもかなり網羅されていますので会社設立や会社経営の際にはいろいろ参考になります。

しかし、いろいろ調べて読んでいてわかったことは、最初から何も考えずに税理士に相談に行った方が早いです(笑)。

結局こういう情報ってすべて読んで理解すれば情報は網羅してあるんですけど、今の自分には何が必要でどういうことをすれば最短かっていうのは専門家に聞いたほうがずっと早い。相談は無料だし。

それでも事前知識を入れておくと理解が早いのは間違いないので読んでおいて損はありません。何より会社は作るよりも作ってからのほうが長くて重要です。

会社設立の基礎知識

はじめての起業と会社設立。10年つづく株式会社のつくりかた

はじめての起業とは言いますが、普通みんな初めてです。会社を作るうえでの必要なこと、マインドなどがまとまっています。10年つづく会社というのは世の中に10年つづかない会社が多いので1つの目安にしているということであって、10年で潰れるという意味じゃないですよ!

※ただし、長文です。

はじめての起業と会社設立。10年つづく株式会社のつくりかた

税理士ドットコム会社設立

税理士ドットコムとはありますが、弁護士ドットコムが運営するサイトです。税理士の名前はついていますが民間企業であって税理士ではありませんのでご注意。弁護士ドットコム会社設立としないあたりは弁護士よりも税理士の方が会社設立に向いているということを暗示していますね。

税理士ドットコム会社設立(運営:弁護士ドットコム)

会社設立手続きの全手順と流れ、会社設立の前後にやるべきこと一覧

会社設立の手続きの手順がほぼ網羅されている。手順を参考にするなら一度読んでおくのがよい。ただし、こんな長い手続きがあるくらいなら自分でやるよりも税理士に依頼した方がよいと思うようになると思います。

書類の書き方や準備、事前に確認しておくことなどが多数あり、間違えるとやり直しになるので最初から専門家に依頼したほうがずっと楽です。

会社設立手続きの全手順と流れ、会社設立の前後にやるべきこと一覧

会社設立完全ガイド

ベンチャーサポートが会社設立のことを詳しくまとめています。情報があるにはあるのですが、見つけづらいのが玉に瑕。読みづらいのにも難あり。前時代的なのはお約束。更新されていないのはお許しを。

しかし、情報の量でいえば相当に多いです。

会社設立完全ガイド(運営:ベンチャーサポート)

会社設立は超かんたん!?何も知らないド素人があっさり起業した話【会社設立手続き】

ご存知ベンチャーサポートがLIGと組んで記事を書いています。読んでいておもしろいにはおもしろいですが、LIG色が強すぎる(真面目系ではなく面白可笑しい系)ので参考程度に。

会社設立は超かんたん!?何も知らないド素人があっさり起業した話【会社設立手続き】

会社設立ファーストステップ

大阪の企業成功塾、ファーストステップが運営しているサイトです。こちらも会社設立についての情報がかなりあります。ただ、会社設立というよりは創業、起業寄りなのでスタンスが他とは違います。

会社設立ファーストステップ

知らないと損をする会社設立の話

本来、会社設立すべきではないのに法人化している、本当は個人事業主であったほうが有利という点に着眼しています。

当然ですが、会社設立にはメリットもデメリットもあります。デメリットも検討したうえで判断できるのは良いですね。

知らないと損をする会社設立の話